スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンスター 

モンスター
“モンスター”と呼ばれた、アメリカ初の連続殺人鬼
アイリーン・ウォーノスの実話の映画化
脚本 : パティ・ジェンキンス
監督 : パティ・ジェンキンス
製作年度:2003年
製作国:アメリカ
dz0146.jpg


ワタシがこのDVDを観たのゎ、まだレンタルショップで新作として
レンタルされていた頃でした。
ワタシゎ、いつもノンフィクション系のDVDを観るくせがあって
今回のモンスターもノンフィクションってトコロに惹かれて借りました。

ストーリーゎ
1986年、フロリダ。ヒッチハイクをしながら男に身体を売る生活に疲れ果てた
アイリーン・ウォーノス。 有り金の5ドルを使い果たして死のうと
決め、飛び込んだバーで、彼女は一人の女性セルビーと運命的な出会いを果たす。
同性愛の治療を強制されフロリダにやってきたセルビーも
またアイリーンと同様に社会からの疎外感を抱いて生きていた。
初めて自分を偏見なく受け入れてくれる人物と出会ったと感じたアイリーンは、
“ふたりで暮らそう”と提案する。 そのためにお金が必要になった彼女は、
再び客を取るため道路脇に立つのだったが・・・。

こんな感じで紹介されています。

これは、もぉ言ってしまえば、アイリーンは娼婦としての生活を送っていた。
暮らしは、贅沢とはお世辞にも言えなくて、シェルターでひっそり暮らしている。
そんな彼女が、自分を売った男性にレイプされるという悲しい物語。
そして彼女は、相手を殺してしまう、というもの。
その間には、同性愛が絡み、セルビーに会いにいかなくては、という
純粋な想いがあったり・・・。

あのね、コレを始めて観た時は
自分がレイプされたから、とか全く関係なく
心が締め付けられるような、ホントに苦しくて、言葉が「・・・っ」って
詰まってしまう感覚にまで、なってしまうほどでした。

娼婦として生きていたのに、レイプされたコトにより
もぅ男性とセックスできない彼女。恐怖。

もちろん、それからも娼婦を続けるも
出会う男性に恐怖をおぼえ、次々に殺していってしまう・・・実話です。

闇にしか行けないレールに乗っかってしまった彼女。
2002年アメリカ犯罪史上初の女性連続殺人犯で死刑執行となった。

どこまでが実話として映画化されているのかとても気になって調べてみました。

彼女をこうしてしまったのは、ナンだったんだろ。
(ここから長くなりますょ~)
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。