スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康体 

こんばんは。
だいーぶ、更新してませんでしたね(´∀`;)
すみません、ホント。

えぇと、近況のご報告。
8月は、初めてカウンセリングを体験してきました。

正直、今は、とても健康体なので
何を話せば・・・と思っていたのですが
カウンセラーさんと、1時間半ほど
多分、とても早口で話してしまったと思うけど
内容は、やはりレイプされたコトの話し。

かなり鮮明に話したと思います。

レイプされる前、された直後、された後
そして今。

気持ちは、終始冷静でしたが
カウンセラーさんは、真剣に話しを聞いてくれました。

初めての体験なので、何をどう話せばいいのか、
コレを話してどうなるのか、
話した先に何が見えるのか、
まったくわからないまま
順序も関係なく、ゴチャゴチャになりながら伝え
そして、最後にワタシは
こんなことを言いました。


「ワタシを犯したあのヒトが、今、平然と生きていると思うと
悔しくて、仕方がないんです」

と。

また同じ罪を犯しているんじゃないか、と
自分が、車のナンバーや、何か手がかりを探して
警察へ行くべきだったんじゃないだろうか
などと、話しました。

カウンセラーさんは、
そのワタシの自分への問い・叫びに対して
うなずきながら、ただただ話しを聞いてくれました。

「じゃぁ、今あなたはそのコトを後悔しているのね?」

と、カウンセラーさんは言いました。


後悔なんだろうか・・・。

悔しいと思うけど、悔やむという感覚では、ない。

結局、ワタシはダレかが、
ワタシの代わりに訴えてくれないだろか、
とか、
そんな感じで、待っている感覚になってしまっている。

悲惨な出来事を、自分では知らぬ間に、待っている、と
そういうコトなんだろうか・・・。

犯人の名前も、住所も、職場も全て知っていたとしても
ワタシは、もしかしたら訴えられなかったかもしれない。

今、見かけても、多分逃げてしまうと思う。

この矛盾に、未だ行き着く答えは、見つけられないけど
それでも、以前より、カラダもココロも、楽になれたのは
やはり時間なんだろうか・・・。
共に歩んでくれるヒトのおかげなんだろうか・・・。

自分だけでは、歩けなかったな。

ヒトは、やっぱり支えが必要です。
上辺だけじゃなく、自分だけの思いじゃなく
同じ思いで歩めるヒトが必要です。

出会ってますか?そんなヒトに。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。