スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち向かうコト 

性的虐待:祖父から8年間 被害女性のPTSD認める


東京都在住の20歳代の女性が、
小学生時代から約8年間にわたり祖父から性的虐待を受け
PTSD(心的外傷後ストレス障害)などを発症したとして、
1億2509万円余の損害賠償を求めた訴訟で、
東京地裁(安浪亮介裁判長)は14日、
5928万円余の支払いを命じた。
女性の代理人弁護士によると、
近親者による性的虐待が裁判で認定されるのは異例。
女性は「判決が同じような被害に遭っている人の
励みになればうれしい」と話しているという。

判決によると、女性は小学6年生の時、
同居していた医師である祖父から
性的虐待を受けるようになった。
祖父側は「女性の妄想」などと否定したが、
判決は「女性の供述は具体的かつ詳細。
被害者にとって生涯忘れ得ないものと考えられる」と指摘。
女性をPTSDと診断した医師が
「(性的虐待の)ほかに原因を見いだしがたい」と
証言したことにも触れ「女性の供述は全体として信用できる」
と判断した。【武本光政】

毎日新聞 2005年10月14日 22時49分
スポンサーサイト

コメント

告発するのに、相当勇気がいったでしょうね。しかも「妄想だ」って言われたりして、辛かったでしょうね・・(´Д⊂グスン
裁判ってすごく細かく証言するんだよね・・偉いね、この女性は。本当、こういう人がいると励まされる女性は沢山いると思う!
こうやって、ブログを開いて、こういう記事を紹介してくれる、なち(同じ年だから、呼び捨てでいいやー!♪)もすごいと思うよ・・。応援してますー(*´∀`)ノ

せっかくコメント、気合入れて書いたのに
ナゼか、うまく送信されず消えてしまった・・・。
ぅぅ・゚・(ノД`)・゚・
彼女の勇気にゎ、ホントすさまじいモノを感じました。
親族間での出来事・・・。
コレは事実を真剣に受け止めた結果だったのだと思うぅ。
8年間もの苦痛・・・家族へも打ち明けるにも
そうとうな時間がかかったと思うし
夜になるのが、どれほどの恐怖だったのか、とか
考えさせられる事件だな
って感じたョ。
でも、これは現実に起きた卑劣な事件であって
それを彼女は
「判決が同じような被害に遭っている人の
励みになればうれしい」と話している
と、なんて立派な女性なんだろう
って思った、ぅん。
そして、自分自身の胸に
刻み込んで、彼女の存在が、世の中の流れに流され
風化させられるコトがないように
語り継いでいかなきゃいけないな、って思った。
彼女の為に、と
自分の為にもネ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakuol.blog9.fc2.com/tb.php/103-df39557f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。