スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歩こぉ 

先日、鈴のブログを辿ってココへ来てくれた
すずらんさんのブログに、ココを紹介をしていただいて
大変、うれしく思いました。

ありがとうございます。
ご紹介します→鬱・摂食障害からの復帰4年目です♪

その反面、考えなくてはいけないコトも出来て
しばらく考えていました。


この場で過去を打ち明けていくコトを選んだワタシは、
ワタシのようなヒトがいては、いけない。
二度と、こんな思いをする女性がいなくなるコトを
望んでいました。

だけど、全てを打ち明けるコトは
まだできていません。

悲惨な行為を、文章で表すのは
本当に心身共に困難、苦痛で
ワタシもすずらんさんと同じように
涙を流しながら書くこともありました。

怒りに狂いそうになって
ものすごいスピードで、
思いのままを綴ったコトもありました。

すずらんさんの記事に
今の私には思い出して文字にするという作業は出来ない
というのを読んで、本当によく理解できました。

多分、言葉を表す前に
過去の思い重み(重い思い)に胸が締め付けられ
書きたいコトを目前に
感情で自分を抑えきれなくなる

そんな感じなのかな?
って思いました。

どんなコトに対してでもそうですが
自分が経験したコトは
同じ経験をしたヒトでなければ
痛みは、わからないと思うし
同じ経験をしても、
それを打ち明けれず、隠し切るコトに精一杯な場合も
多いと思います。

ただ、ワタシは
同じ痛みを分かり合いたいだけではありません。

痛み、苦しみ、憎しみ、惨めさ、悲惨さ
相手から殺意を感じてしまったコト
相手を殺したいと感じたコト
この感情と一緒に生きていかなければならないコト
相手が今も平然と生きているのではないのかというコト
相手がワタシの存在さえも忘れているのではないかというコト
自分への後悔、死を選ぼうとしたコト
ヒトに対して優しさを持てなかったコト
ヒトを避け、恋人とさえもわかり合えなかったコト
そして、自分が誤って選んだ忘れる方法

そしてワタシの思いを貫くコト。
それが、ワタシの望むコト。

最終的には、
自分が過去をどう受け入れ
どのように、歩んでいったのか
本を出したいと思っています。

その為に、カウンセリングの勉強もしたい
言葉をたくさん覚えたい
ヒトに伝える強さも欲しい
※日本総合カウンセリング

そして、ワタシのように
相手の名前さえも知らない
警察にも届けられなかった自分を悔やみ
だからこそ、そんな子がこれ以上
増えては、ならないように
頼れる【何か】を、自ら造りたいと
思っています。

ワタシがそうだったように
家族へも打ち明けられない子供達がいるコト
そして性に対しての受け止め方
セックスの意義

そういったモノも伝えられる【何か】を
造りたいと思っています。

カウンセラーになるコトを
今は一番の目標にしています。
自分を自己分析して
自律し、苦しむ彼女達のチカラになりたい。

きっと自分の経験したコトが
いつか意味のあるモノになると信じて。
※日本心理カウセンラー養成学院







そして、
すずらんさんも、お子様には
性教育をしっかり教えていくつもりだという
意思があるので、
経験した過去が、無駄になるコトは
決してナイと信じています。
そう、信じていこ!!

自分自身、それを整理して受け止められれば
きっとお子様達にも強く伝わると思います。

お互いに、ゆっくり歩いていこ。

惨めさが募るのは、
本当にわかります。
惨めさを、言葉にするのは
ワタシも、まだできません。
「惨め」以外の言葉が見つかりません。

気分が悪くなるのも、とてもわかります。
眠る前は、必ず記憶が過ぎります。
今日は、こんなに前向きでも
明日は、動けないかもしれません。
だけど、あさっては、また前向きかもしれません。

がんばろう、なんて簡単には言いたくありません。
でも、いつか
きっと、乗り越えなければいけないと思います。
ワタシも、いつなのかわからないけど
そう信じています。

信じるコトって
とても大切なコトなんだよね。
簡単にクチに出して言いたくないの。
とても重みのある言葉なんです。

これ以上、性犯罪が増えるコトのないように
今は祈るしかできない未熟なワタシだけど
これからも、よろしくお願いします。

ヒトは、進化するコトはないけど
成長するコトはできる
と、今日カレに言われました。

ホント、そうですよね。


スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

ブログご紹介いただいてありがとうございます。
情けないのですが、心の奥にしまっていた箱を取り出し、鍵を空けたら心が乱れてしまい・・・少しお休みしていました。
でも、元気になりました。
そして・・本を書きたい、カウンセラーになりたいというなちさんの姿勢素晴らしいと思います。
ここの記事は、辛くなったら何度も読み返したいと思うので、とっておいてくださいね。
私のPCにもコピーしました。
なちさん、本当にありがとうございます。
そして、心より応援&感謝しております。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakuol.blog9.fc2.com/tb.php/108-5072bef7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。