スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞の記事より 

男性職員解雇:入所少女と性的関係 福島の民間養護施設

福島県南部の民間児童養護施設の男性指導員(22)が、入所する10代後半の少女と性的関係を持ったとして、県が児童福祉法に基づき施設を経営する社会福祉法人に改善勧告していたことが18日、分かった。施設は今年7月に事態を把握して指導員を退職させたが、1カ月以上、県に通報せず放置していた。

県などによると、指導員は今年5月、園外のイベントで少女と知り合い、自宅に呼び出して1カ月程度不適切な関係を続けていたという。少女が7月4日に他の職員に相談し発覚した。同13日に施設幹部が指導員から事情を聴き、認めたため解雇した。指導員は今年4月に採用されたばかりで、少女の担当ではなかった。

施設は8月19日になって事案を通報義務のある県に報告。県は9月中旬に特別監査に入り、10月末に改善勧告を出した。12月15日までの改善内容の文書提示を求めている。

施設側は「少女に対する大きな権利侵害で大変残念だ。再発防止策を考えたい。夏休み期間中で忙しく、通報が遅れた。隠ぺいするつもりは全くなかった」と話している。【生野由佳、米江貴史】

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakuol.blog9.fc2.com/tb.php/128-0aa4f420

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。