スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日新聞記事より 

連続強姦:無期懲役「終生しょく罪に努めよ」 大阪地裁

女性の多いマンションを狙って性的暴行などを繰り返したとして、強盗強姦、強盗致傷の罪などに問われた多田央(なかば)被告(44)に対し、大阪地裁は20日、求刑通り無期懲役を言い渡した。並木正男裁判長は「よこしまな欲望を満たそうとした動機に酌量の余地はない。常習性もあり有期懲役は相当でない。刑事責任は極めて重く終生しょく罪に努めさせることとする」と無期懲役の理由を述べた。

判決によると、多田被告は02年12月~昨年5月、大阪市中央区や西区のマンションで、帰宅した女性宅に押し入り、「殺すぞ」と脅して金品を奪ったうえ、4件の性的暴行をした。他の3件は、女性が叫び声を上げるなどしたため逃げた。

判決は「金を要求すると、被害者は性的目的がないと思って抵抗が弱まることを見越していた。被害女性らは事件後、カウンセリングや心療内科に通い、引きこもりのようになった被害者もおり人生を狂わされた」と述べた。【和泉かよ子】

毎日新聞 2005年12月20日 22時25分
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakuol.blog9.fc2.com/tb.php/164-6b6c7f29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。