スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捕まえて!! 

アイツが法で罰せらる日は
いつなんだろう
って、そんなコトばかり考える。





ウソのようなホントの話だけど
ワタシの知り合いがアイツに
ストーカーされていた。





これは、偶然すぎる偶然で
話を聞いた時は足が震えて
声も出なかったホド。






ワタシはレイプに合い
仕事を辞めてから
(この記事についての過去記事はコチラ↓)
レイプされた私が
誰か助けて!!
大手ショッピングセンターで
ショップ店員として服屋で働いていました。


その時にアイツを見かけました。


アイツはワタシの方を見ているようで
ワタシは焦った。


とにかくヤバイと感じていた。


居場所を知られたら
また、同じコトをされるのではないかと
恐怖で足が震えた。


だけど、その時
一緒のシフトで入っていた
年上のお姉さんが
「アイツ、ヤバイよ」
とワタシに言ってきた。


一瞬、ナニを言われたのか
わからなかったけど


何が?
と問いかけてみた。


「私、アイツに着けまわされてたんだよね」


と、そのお姉さんは言った。













自分の顔が
真っ青になってくのがわかるくらい
血の気が引いた・・・。




そのお姉さんはアイツの名前も
知っていた。

車の車種も聞いたけど
ワタシを連れ込んだ車と同一だった。




やっぱり常習なんだ、アイツ。




そのお姉さんには
ワタシがアイツにレイプをされたとは
ヒトコトも言わなかった。

やっぱり知られたくなかった。


アイツにストーカーされた
と、言ってもどのような行為がストーカーなのか
聞いてみた。


家の前で待ち伏せし
時には玄関先まで入ってきていたという。
電話もしつこく
職場まで来たコトもあったという。





これ以上、突っ込んで話は
聞かなかった。




ホントは名前も知りたかった。
でも、なんて名前なの?
って聞くのも不自然だったから
聞けなかった。




*******************************************




ワタシ、やっぱりレイプされたんだ。




汚いかな。





でも、同情されたいとか
そんなんじゃない。





レイプされ、警察に
届けも出さずに
ダレにも知られないように、
と、そう決断したのはワタシだから

これから、どう過ごすかが
大事なのです。


結局、アイツが
法で罰せられる日を待ち望むといコトは
ワタシ以外に、被害に合った子がいるのを
望むコトになってしまうから

そうではナイ。



ちょっと、考える。



はじめの出来事
スポンサーサイト

コメント

汚くなんてないよ(^_^)b

望まない性行為をする女性は多いと思う。
それが無理矢理か、好きだからしょうがないという妥協だかは判らないけどね。
程度の程こそあるけど、望まない性行為は暴行や傷害と同じこと。
ほとんどの場合、相手の男が悪い。。。
そんな男を同棲として恥ずかしくもあり憎しみたくもある。

今日もお疲れ様。
穏やかな日々が訪れるように願ってます。

Ryoさま、コメントありがとうございます。
「今日もお疲れさま」って、ありがとうございます。Ryoさまもたくさんのツライコトあるのに・・・ありがとうございます、本当に。

ワタシ、もしかしたら男性に対して、とても高望みをしているのかもしれません。
余計なプレッシャーを与えているのかもしれません。
自分がレイプをされて、被害妄想が多いのかもしれない、と最近思い始めてきました。
過去の男性達と付き合っている時、自分のしたくない行為もしたり望むコトに応えようとしてきた自分がいました。でも、今のカレと出会ってからは、本当に幸せなセックスをしていた、と思っていたのですが。
ワタシのカラダが原因なのかと思ったり、へんなプレッシャーをカレに与えていたのかな、と考えて今はセックスをするのがちょっと怖いです。
もしも、ワタシにこんな過去がなければ、カレももっとワタシに望めたコトがあったのではないか、とか、すごく考えてしまい今、悩んでいます。
レイプをされ、そのコトを必死で忘れよう、乗り越えようと思う気持ちはあるのに、レイプをされた後、こんなに苦しむ場面に直面するなんて考えてもいなかったので、、、。
これも被害妄想なのかな、と考えたりします。
進む為に今しなきゃいけないコト、それがなんなのか、明確になった直後だったので軽く落ち込み気味です。
でも、ホント穏やかな日々が送れるよう立ち向かうしかナイな、と今はそれだけです。

ありがとうございます、Ryoさま☆

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakuol.blog9.fc2.com/tb.php/39-a75d7067

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。