スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと考えた 

何日間か更新を止めていました。
来てくださった方、申しヮヶございません。



先日の記事で
ちょっと考える
と残し、ちょっと考えていました。



考えるコトによって
変化があったのかと、
問われれば
なかったのですが・・・Σ(゚Д゚;)






この精神不安定をなんとかしなくては
鬱にならないように気をつけなければ
考えすぎないようにしなければ

と言い聞かせている毎日であります。






被害妄想はするな
自分がかわいそうだと思うな

とも、言い聞かせている毎日であります。





眠ります・・・。
スポンサーサイト

コメント

ゆっくり・・・気持ちに無理のないように・・・
吐きだせるものがまたあれば、吐き出してもらえば、私も聞かせていただけると思います・・・

どうか、思い込むことのないように・・・ゆっくり眠ってくださぃね

(勝手ながらなちさんとこのブログを仲間リンク集に追加させていただきました。もしご都合よろしくなかったら遠慮なくおっしゃってくださぃね♪
仲間リンク集はコチラ↓
http://rentalphp.com/usr/mami24/links2/index.php

考えても考えても、考えても答えが出ないなんて事は沢山あります。
考えても仕方ないことでも考えちゃうときもあるし、考えなきゃいけないときもある。
難しいよね(苦笑)

病院に行って、病名を付けられることは得策じゃないかも知れないしセカンドレイプまがいの事にもなりかねないけど、あまりにも不安定なら病院に行くことを薦めます。
『うつ病』なんんて『心の風邪』なんて言われるぐらい誰にでもなるし気付かないことも沢山あるから。
詳しく話さないで「気分の上下が激しい」とか言って安定剤貰うだけでもいいと思うしね。

今日もお疲れ様。
昨日も一昨日も…明日も…
毎日お疲れ様。

マミ姉・・・う、ううう、ううううう、うう、う、うう、うれすぃ~よぉ~!!
いつも、マミ姉のブログを楽しみにしてて、更新もマメなマメ姉・・・じゃなくてマミ姉。こうして顔を合わすコトなくても、web上で励まされるなんて・・・っ!!ワタシも勝手ながらマミ姉のブログをリンクさせて頂きますね。本当にありがとうございます!!!
ただ、吐き出すコトばかりではなく、しっかり進む準備も整ってきました。
まずは、今まで避けていた行動も起こそうと思っております。女の子を救いたい気持ちは本当なんです。こんなワタシに出来るコトと、こんなワタシが立ち向かえるコト、深く考えていきたいと思ってます。
マミ姉のブログ見ながら笑っているワタシもちゃんと存在しています。笑顔をありがとうございます!!

Ryoさま。いつもありがとうございます。こうして励ましていただけるコトに、いつも感謝しています。
正直、鬱だと感じるコト多々ありました。寝ても覚めても頭の中が常に蠢き呼吸をしているコト自体に苦痛を感じた時もありました。
病院へ行く勇気がなかったのは、診察時にいろいろなコトを聞かれるのかもしれない、と思っており、それを明かす勇気が持てずにいました。仕事でも悩むコトが絶えず家庭内でも悩むコトが絶えず、どうしていいかわからなかった時にこの場を借りてみなさまからの意見を取り入れ、また同じ悩みを持つヒト達との接点を持ち、見つめなおすべきだと感じで始めたのが、このブログです。
こうして、Ryoさまや、他の方からのコメントに素直に感謝できる場を設けられて嬉しく思っています。
これから、本当の意味での立ち向かう場としていきます。そうして少しでもRyoさまのチカラになれるコトがあればいいな、と思っています。感謝する立場だけでなく、ヒトを支えるヒトになっていきたいと真剣に思っています。
Ryoさまも、お疲れさまです。

はじめまして、でしょうか。
こちらのタイトルは一度拝見したことがあるんですが、記憶違いでしたら、すみません。

一連の記事、読ませて頂きました。
友達にレイプのことを打ち明けたら、あなたが悪いと言われたそうですが、それはおかしいですよ! 別に挑発的な格好をしていたわけでもないのに、自分の気分で相手に変なことを強要する方がおかしいのです!
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/kitamura/news/20050707org00m100023000c.html
にも書いてありますが、する方がおかしいんですよ! だから、自信持って!
そんなこと言う友達なんて、こっちからポイしちゃいましょ!
大丈夫! そんな人よりもっとあなたのことを分かってくれる友達がいっぱいできますって!

かくいう私も去年暮れ、異国の地で男に腕つかまれて車に乗せられ、車の中でキスとかされたり、部屋までつれこまれそうになりました^^; しかも、むこうの知らない国まで連れて行かれそうになって「私の命運もここまでか……」と覚悟をきめましたので。
まぁ、私の場合は、最後までいかず、抵抗しまくったら、最後に車から降ろしてくれましたが、主人に体を触られるのも嫌でした。一ヶ月ほど、手を触れられるのが嫌で、男の人なんて、視界にいれたくありませんでしたし、夜寝るとうなされて、泣きながらTV見て、かなり主人を心配させました^^;
今はもう大丈夫ですが。

こういうのもいるんで、無理はしなくていいけど、自分は責めないようにしてください。
あなただけじゃないんですから。

彰さま、こんばんは。
以前にもコメントいただいています。
ありがとうございます。
東京強姦救援センターのhpは、ワタシも前々からよく読ませていただいているサイトで、学ぶコトも多いです。
リンク貼って頂き感謝しています。
どうしても、自分を責めるコトしか出来ない毎日で、どうしてワタシが?と思えば思うほど、ワタシがこんな子だから・・・と本当に悪い方、悪い方へとしか考えられませんでした。
彰さまも、性器の挿入は無かったものの、恐怖感というものの方が大きいとワタシは思っています。
自分が、これで死んでしまうかもしれない、と感じるほどの恐怖は、とてつもないものですから・・・。
彰さまのご主人さまは、そんな彰さまを一番近くで見て、接して、どうだったのでしょうか?
実は、ワタシも今、大切なカレがいて、
カレに過去の事実を打ち明け
きっと、そうとう悩んでいると思います。
それでも、こんなワタシとの将来を真剣に想っていてくれていて
だからこそ、自分が変わっていかなければ、と思い、
ちょっとずつ歩んでいる最中なのですが。
彰さまの支えになってくださったご主人さまの気持ちを
ちょっと知りたくなりました。
失礼なコトだったら、申し訳ありません・・・。
でも、もしよろしければお願い致します。
まだまだ、未熟なフタリなのです。

うちの場合は、実は膝が痛いという主人を会社に送って行って、その後、私が一人でバスに乗って、ドイツ語学校に行こうとした時のことでしたので、かなり自分を責めてました。
「俺のせいだ。俺がついてきてくれ、なんて言わなければ、お前を一人にしなければよかった」って何日も言ってました。
でも、私は自分の恐怖感と戦うだけで精一杯で、彼のことも考えられず、一人で日本に帰って、京都と奈良でぼーっとして、一人になってから、彼のことも考えられるようになりましたが、私はなちさんと正反対で、もう男の人と会わなくていいように、尼さんにでもなって、一生をお寺か修道院で過ごそうかとも思ったんです^^; もう男の人を見るだけで吐き気がしたので^^;
それでも一人でいるとさびしくて、彼にメールしたら、彼もさびしい、一緒にいてくれ、触れられなくてもいいから、家に帰ったらお前の顔が見れたらって思う、などと言ってくれたので、今は一緒に暮らし、普通のカップルみたいにいちゃつけるようにまでなりました。
なちさんの彼氏さんの気持ちは、私の時とも状況が違いますのでおしはかることしかできませんが、どんな過去があったにせよ、今、一緒にいたい、今、大好きだって思える人なら、乗り越えていけるのではないかと思います。
時にはフラッシュバックしてつらくなるときもあると思いますが、そういうのも正直に話したら、少しずつ距離も苦しみも減るんじゃないかな?
私の時がそうだったので、そう思います。

彰さま、コメントありがとうございます。
フラッシュバックする時、素直にカレに言えない自分がいます。
でもワタシも弱いちっぽけな人間だから、言えないけど、堪えるコトもできなくて、余計にカレに不安を与えているように思います。
まだ、結婚もしていない、恋人同士で、カレに負担をかけたくない気持ちもあったります。
だけど、苦しみが減るんじゃないか、と言われれば、そうなのかな?
フタリの苦しみも減るのであれば、自分も今まで通りではいけないですよね!!
こんなに必死に憎しみを抑え進んでいこうとする自分に、時々くじけそうになるんです。
今までは、くじけるコトの方が多く、諦めるコトもたくさんあって・・・。
それでも、今、立ち向かおうとしているワタシの先にあるモノは、自分自身なのだと思っています。
きっと答えは、自分なんだと思います。
ワタシのカレも、自分は無力だと感じています。無力なんかじゃないょ、とちゃんと言ってあげられるように。
これから、生涯カレと一緒にいられるように。
支えられながら生き、支えてあげながら生きる、と
そうゆうコトなんだな、って、感じました。
ありがとうございます。なんだかこれからが、楽しみに思う自分がちゃんといます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okirakuol.blog9.fc2.com/tb.php/40-92e3a429

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。